チェンマイのコーヒー園が見たい! プライベートツアーでご案内します<<日本語ガイド・専用車込み>>

北タイでコーヒー栽培が始まったのが1989年。ラマ9世国王の母が『メーファールアン財団』を設立し、コーヒー栽培を開始したのがきっかけです。
その後、チェンライ県のコーヒーは試行錯誤を繰り返し質を向上。現在ではチェンライ県だけではなく、チェンマイで栽培されたコーヒーも世界から注目されつつあります。
チェンマイ産のコーヒーを味わっていただくべく、本ツアーではタイ最高峰のドイインタノンへと訪れ、トレッキングを楽しみながらコーヒー園を巡ります。