タイ・バンコク チャオプラヤーディナークルーズ13社をまとめました

タイの母なる川を遊覧する チャオプラヤーディナークルーズ13社をまとめました

バンコクを流れるチャオプラヤー川。
「タイの母なる川」とも呼ばれるこの川を遊覧するクルーズは世界各国の方々を魅了し、毎日何隻もの遊覧船がこの川をクルージングしています。
特に人気なのがチャオプラヤーディナークルーズです。大型船から伝統的な木造船まで、さまざまなクルーズが各社から用意されていて、好みのタイプを選べるようになっています。
価格が680バーツから2,950バーツと幅広い点も、チャオプラヤーディナークルーズの特徴の1つでしょう。
10社以上が催行しているチャオプラヤークルーズをまとめたのが本企画です。
数が多いので、乗船場所によって分けてみました。
主な乗船場所はリバーシティーバンコク(RIVER CITY BANGKOK)、アジアティークザリバーフロント(Asiatique The Riverfront)、ヨッドピマンリバーウォーク(ヨッドピマンリバーウォーク)の3箇所。
その他2箇所も加え、合計13社のチャオプラヤークルーズをまとめました。
クルーズ名の頭に【予約受付】と書いているものは、TRIPULLでご予約を受け付けているクルーズです。

Contents

RIVER CITY BANGKOK|リバーシティーバンコク

チャオプラヤー川が一望できる 4 階建てショッピングモールの『リバーシティバンコク』。
リバーサイドにはレストランもあり、チャオプラヤー川を眺めながら食事も楽しめます。
バンコクで最も多くのクルーズ船が発着がしていることもあり、夕刻になると人で溢れかえることも。

【予約受付】ワンダフルパール (Wonderful Peal)|1,700THB

多くのクルーズ船が停泊するRIVER CITY BANGKOKで、ひときわ目立っているのがディナークルーズ船ワンダプルパール(Wonderful Peal)号。
紫色のライトがエレガントな雰囲気を演出、到着時からバンド演奏が始まり乗船前から気分を盛り上げてくれます。
船内にエスカレーターや、デッキに噴水が設けられるなど、豪華な造りのクルーズ船のため他ディナークルーズに比べて値段が若干高めになっています。

>>ワンダフルパール のご予約はこちらで受け付けております

【予約受付】ワンファーディナークルーズ(Wan Fah Dinner Cruise)|1,200THB

チャオプラヤー川のディナークルーズには、規模の大きな船も多く、バンド演奏、タイ舞踊などのショーが披露され、賑やかな雰囲気の中で食事を楽しめるのがポイントです。
ただそういったディナークルーズは、船上がかなり賑やかなので会話を楽しみたい方には少々不向きでしょう。『ワンファーディナークルーズ』でのクルーズは、規模は小さいながらレトロな木造船を利用。演奏する音楽のボリュームはおさえられていますので、会話を重視する方にはぴったりのディナークルーズです。

>>ワンファーディナークルーズのご予約はこちらで受け付けております

 

【予約受付】チャオプラヤープリンセス(CHAO PHRAYA PRINCESS)|1,100THB

チャオプラヤープリンセスでは、タイ料理や各国料理のビュッフェ料理が楽しめます。
タイ料理は外国人向けにアレンジされているため辛さは抑えめ。デザートまで揃っており、充実したメニューがいただけます。
船上ではライブ演奏があり、毎回かなり盛り上がるためディスコのようになる時も!  賑やかなクルーズがお好きならピッタリですが、カップルで落ち着いた雰囲気を求めているようでしたら『チャオプラヤープリンセス』は向いていないかもしれません。 クルーズで巡るのは、バンコクの名所『ワットアルン』や王宮、ライトアップされたラマ8世橋など。 チャオプラヤー川沿いの夜景をたっぷり2時間お楽しみいただけます。

>>チャオプラヤープリンセスのご予約はこちらで受け付けております

 

【予約受付】アプサラ ディナークルーズ(Apsara Dinner Cruise)|2,400THB

シーロム地区にある超高層ホテル『バンヤンツリーバンコク(Banyan Tree Bangkok)』。
同ホテルはクルーズ船を保有しており、毎晩、ディナークルーズがチャオプラヤー川を遊覧しています。
高級ホテルがプロデュースしているクルーズだけに、料理の素晴らしさは圧巻!他クルーズに比べお値段は張りますが、特別な日のディナークルーズならアプサラ ディナークルーズ (Apsara Dinner Cruise)はおすすめです。

>>アプサラ ディナークルーズのご予約はこちらで受け付けております

 

【予約受付】スパンニガークルーズ(Supanniga Cruise)|2,950THB

人気タイ料理店『スパンニガーイーティングルーム』がプロデュースした『スパンニガークルーズ』。
イサーン料理にアレンジを加えモダンなタイ料理に仕上げたメニューの数々。
最大乗船人数40名というクラシックな船で、2時間15分のディナークルーズをお楽しみいただきます。

>>スパンニガクルーズのご予約はこちらで受け付けております

 

ザ チャオプラヤークルーズ(The Chao Phraya Cruise)

最大乗客人数は250名。高さ8.5メートル、長さ43.5メートル、重さは338トンという大型客船でのクルーズです。
ビュッフェ料理をいただきながらタイダンスなどをお楽しみいただけます。

>>ご予約はザ チャオプラヤークルーズのWebサイトからお申し込みいただけます

リバーシティーバンコクへの行き方

リバーシティーバンコクへは、BTSサパーンタクシン駅からタクシーで行く方法とチャオプラヤー川をボートで行く方法の2つがあります。
ボートなら、駅の2番出口を降り「サトーン船着場(SATHON PIER)」から「シープラヤー船乗り場(SI PHRAYA PIER)」へ向かいます。
乗船時間は5分ほど。
タクシーなら5分程度の距離ですが、ジャルンクルン通りは渋滞していることが多く、ひどいときは20分ほどかかることもあるのでご注意ください。

 

Asiatique The Riverfront|アジアティークザリバーフロント

チャオプラヤー川沿いに建つ『アジアティーク ザ リバーフロント(Asiatique The Riverfront)』。
敷地内には衣料品やアクセサリーなどを販売する店舗や、タイ料理、日本食、イタリアン、韓国料理といった各国のレストラン、ライトアップされた観覧車などがあり、いろんな楽しみ方ができるナイトマーケットです。

ヨッドサイアムボート(Yodsiam Boat)|680THB

バンコクのチャオプラヤー川では、毎夜たくさんのディナークルーズが遊覧しています。
そんな中、ナイトクルーズを毎夜運行しているのが『Yodsiam』。こちらのクルーズ、680バーツでチャンビールやソフトドリンクが飲み放題、しかも軽食まで付いています!

 

【予約受付】バーチカルクルーズ(The Vertical Cruise)|1,100THB

『アジアティーク ザ リバーフロント』から発着しているクルーズの1つがバーチカルクルーズ。
2時間のチャオプラヤー川遊覧では、ワットアルンや王宮、ライトアップされたラマ8世橋など、川沿いの夜景を存分に楽しんでいただけます。
アジアティークで買い物などを楽しんだあとは、ディナークルーズで最高の夜を満喫してください!

>>バーチカルクルーズのご予約はこちらで受け付けております

【予約受付】バーンカニタ(Baan Khanitha)|2,300THB

バンコクに4店舗を展開するタイ料理店『バーンカニタ(Baan Khanitha)』。
高級店として知られている同店では、毎夜チャオプラヤークルーズを実施しています。
最大乗客数60名の船は、高級タイ料理店にふさわしいクラシックな造り。
大型客船では味わえないムーディーな雰囲気を楽しみながらタイ料理を満喫できます。

>>バーンカニタのご予約はこちらで受け付けております

アジアティークザリバーフロントへの行き方

BTSサパーンタクシン駅からタクシーに乗車するか、駅の裏手にあるサトーン乗船場(Sathon Pier)からボートに乗り、アジアティーク乗船場まで行く方法が主です。
ジャルンクルン通りは渋滞が激しいので、ボートでの移動がおすすめです。
乗船場所は観覧車とは逆の方向。『バーンカニタ アジアティーク店』の真向かいです。

 

Yodpiman River Walk|ヨッドピマンリバーウォーク

2015年に、バンコクで最大と言われる花市場の『パーククローン花市場』の一部を取り壊して建てられたショッピングモールです。
川沿いにあるボードウォークは全長300メートル。2階にはオープンエア席のあるレストランが並び、チャオプラヤー川の美しい夜景を堪能しながら食事ができる名所として人気です。

 

【予約受付】リバースタープリンセス(River Star Princess)|1,100THB

煌びやかな客船でチャオプラヤー川を遊覧するリバースタープリンセス(River Star Princess)。
出発地点である『Yodpiman River Walk Pier1』を出発し、ワットアルンや王宮、ラマ8世橋、アジアティークなどチャオプラヤー川沿いに点在する見どころを巡ります。
船上でのお食事はビュッフェ形式で、タイ料理だけではなく日本食から洋食まで揃っているため、どなたでも食事を楽しんでいただけるよう配慮されています。

>>リバースタープリンセスのご予約はこちらで受け付けております

ヨッドピマンリバーウォークへの行き方

BTSサパーンタクシン駅の2番出口を降り、「サトーン乗船場(Sathon Pier)」からボートで向かいます。
降り場は「ヨッドピマン乗船場(Yodpiman pire)」。乗船時間は15分ほどです。

 

その他の乗船場のチャオプラヤークルーズ

【予約受付】マノーラクルーズ@ANANTARA BANGKOK RIVERSIDE RESOT&SPA|2,250THB

5つ星ホテルのアナンタラが運営するのが、チャオプラヤー川を遊覧するマノーラクルーズです。
他社が催行している大型船でのクルーズとは違い、マノーラクルーズでは昔の米運搬船を模したクラシックな木造船で遊覧。
船上でのディナーはアナンタラホテルのシェフがお届けするタイ料理セットをいただくことができます。

>>マノーラクルーズのご予約はこちらで受け付けております

ANANTARA BANGKOK RIVERSIDE RESOT&SPAのマップ

ヨックヨーディナークルーズ @Yok Yor Marina & Restaurant

『Yok Yor Marina & Restaurant』はチャオプラヤー川のリバーサイドにあるタイシーフードレストランで、ディナークルーズも運行しています。
同店のディナークルーズは他クルーズ会社が運営しているものとはシステムが異なっています。
まずは料理。
ディナークルーズ用の料理はなく、レストランと同じメニューが船上でもいただけます。
クルーズ船に調理場は設けられておらず、注文した料理はレストランで調理するため、出発の20時以降は料理の注文が不可。
出発の30分前までに料理をオーダーしておく必要があります。
ただ、簡単な料理なら20時以降でも提供できるようで、20時以降用のメニューもあるそうです。
ディナークルーズとはいえ、料理もドリンクもレストランで食事する料金と変わりません。
食事代とは別に、クルーズ代金として200バーツ(1名)を支払わなければなりませんが、200バーツでチャオプラヤークルーズを満喫できるのだからコスパ高し!

>>Yok Yorクルーズの記事はこちらをクリックしてご覧ください

ホライズンディナークルーズ @シャングリラホテル

5つ星ホテルの『シャングリラホテル』が運行しているチャオプラヤーディナークルーズ。
総席数は170席を誇る客船は、さすが5つ星ホテルが催行しているだけに豪華かつエレガントです。

>>ご予約はホライズンディナークルーズのWebサイトからお申し込みいただけます

 

一度は乗っておきたい!世界各国の旅行者から愛されるチャオプラヤーのディナークルーズ

私が調べただけでも13社のチャオプラヤークルーズがありました。
他にもあるでしょうし、20社近くは運行していると思われます。
これだけのクルーズが毎日運行できるほど利用者が多いのは、以下3つの点が挙げられます。

1.チャオプラヤー川沿いに重要施設が点在している。

第一級寺院のワットアルンやエメラルド寺院があり、それらがライトアップされているので日中とは違った景観を楽しめます。

2.クルーズの料金が安い。

安いクルーズだと1,000バーツ(3,500円ほど)で、高いものでも10,000円程度です。
世界中を見渡しても、これだけ安い価格のディナークルーズは無いと思います。

3.中心部からのアクセスが良い。

BTS(高架鉄道)でアソークからサパーンタクシン駅までの所要時間はおよそ30分。
駅からリバーシティバンコクまでを10分とすれば、小一時間でクルーズ船乗り場まで行ける計算です。

以上3つを見ていただければ、バンコクのディナークルーズがどうして世界中の旅行者から人気があるのかお分かりいただけるのではないでしょうか。
何度かバンコクに訪れたことがある方でも、チャオプラヤークルーズ未経験という方は意外と多いです。
リバークルーズはバンコクが世界に誇るアクティビティの1つだけに、一度は体験してみてください。

この記事のライターもっと見る

西尾康晴(Yasuharu Nishio)の画像

西尾康晴(Yasuharu Nishio)1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。TRIPULLのほか、バンコク発タイ料理グルメ情報サイト「激旨!タイ食堂」を運営。 Twitter:nishioyasuharu

関連記事