スワンナプーム国際空港 知っておけば便利で楽しくなる24の項目

スワンナプーム国際空港の知っておけば便利で少し楽しくなる24の項目

バンコクの玄関口として2006年9月28日に全面開港したスワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)
空港名は「黄金の地」という意味を持ち、これはタイ語ではなくサンスクリット語が由来となっています。
命名したのは、2016年10月13日に崩御したラマ9世国王(プミポン・アドゥンヤデート)。
彼が願いを込めた「黄金の地」という名前は、2006年開業後のバンコクを占うかのように、目覚ましい経済発展により街並みを急変させていきました。

バンコクにはスワンナプーム国際空港のほか、もともとバンコクの国際空港として活躍していたドンムアン国際空港が運営されています。
1970年代から増加し始めた発着機数にドンムアン国際空港が対応できなくなり、2006年に新空港としてスワンナプーム国際空港が開港したのですが、2016年の利用者数を見るとドンムアン国際空港が35,203,757人スワンナプーム国際空港が55,892,428人と、現在ではスワンナプーム空港のほうが2000万人以上も利用者数が多い結果になっています。

開港以来10年以上、「バンコクの玄関口」であり「東南アジアのハブ空港」として活躍してきたスワンナプーム国際空港。
タイ・バンコクへの旅の始まりを飾る場所ですので、詳しく知っておいたほうがよりタイの旅を楽しめるだろうと思い、本企画の執筆を思い立ちました。

スワンナプーム国際空港内で「困った」という事態に遭遇したら、まずはこのページを開いてみてください。

1. 無料Wifiサービス

スワンナプーム国際空港内では、タイ空港公社(AOT)がAISやTRUEといった通信会社と協力して無料wifiを提供しています。
.@AirportAISFreeWiFiや.@AirportTrueFreeWiFiといったWifi名で無料で接続できます。
以下は、AISの無料wifiへ接続する際に表示される画面です。

.@Airport AISFreeWiFiを選択

言語で「こんにちは」を選択

名前、国籍、パスポート番号を入力し完了させます

 

2. 有料インターネットスペース

モバイルなどの端末を持っていない、もしくは不調で使えなければ4階のCATが運営するインターネットスペースが利用できます。
場所はW列の裏手、郵便局の左隣り。
料金は以下の通りです。

100THB=20分

200THB=40分

300THB=60分

このインターネットスペースではコピーも印刷も可能。
24時間営業です。

3. SIMカード

タイ大手通信会社のAISやTRUE、DTACなどが到着フロア2階で販売。
対面販売もありますが、セルフで購入出来る自販機も設置されています。

4. スワンナプーム空港からバンコクへの交通手段

エアポートリンク(鉄道)

地下B階エアポートリンクのスワンナプーム駅からバンコク中心部へ移動できます。
地下鉄MRTへの乗り換えならマッカサン駅(MAKKASAN)で降車しペッブリー駅(Phetchaburi)へ、高架鉄道BTSへ乗り換えるなら終着駅のパヤタイ駅(PHAYA THAI)で降車します。
MRTペッブリー駅とパヤタイ駅は以下Googleマップで示しておきますので、宿泊先へ向かうためのご参考にしてください。

MRTペッブリー駅

BTSパヤタイ駅

バス

1階のGate7からはカオサン行きのバスが発着しています。S1のバスに乗ってください。料金は60バーツ(執筆時点)です。

タクシー

空港認定のタクシーは1階の乗り場から利用できます。ここからタクシーを利用する場合、メーター料金とは別途で50バーツが必要です。
ほか4階のターミナル外でもタクシーを捕まえることができます。4階から乗車すれば別途50バーツを支払う必要はありませんが、ぼったくりタクシーやメーターを使わないタクシーもいるのでご注意ください。
スワンナプームからバンコク中心部のアソークまでなら、300バーツ前後が相場です(高速道路を利用した場合、別途高速代がかかります)

レンタカー

2階到着ロビーにAvis, Bizcar, Budgetといった各レンタカー会社の受付があり、24時間申し込み可能です。

5. トランジットホテル&至近のホテル

スワンナプーム国際空港内には2つのトランジットホテルがあります。
一つはB階の『Boxtel @ Suvarnabhumi Airport』
もう一つは4階トランジットエリア内にある『Louis’ Tavern Transit Hotel(Miracle Transit Hotel)』

スワンナプーム空港B階の『Boxtel @ Suvarnabhumi Airport』

2つのトランジットホテルのほか、空港近辺にある7つのホテルを含め以下の記事で紹介しています。
詳しくはこちらでご覧ください。

スワンナプーム国際空港内にある2つのトランジットホテル&7つの空港近辺ホテル

6. 高レート両替所

スワンナプーム国際空港B階『Super Rich』

両替ができる銀行は各フロアーにあります。
もっともレートがいいのは地下B階にある民間会社の両替所で、エアポートリンク『スワンナプーム駅』のそばに数店舗が並んでいます。
到着フロアの銀行がもっとも悪いレートです。

7. ツーリストサービスセンター&エアポートインフォメーション

スワンナプーム空港1階のツーリストサービスセンター

1階にあるツーリストサービスセンターはタイ政府の観光・スポーツ省によるもので、バンコクMAPなど旅行者向けの情報を提供しています。
2階到着フロアーに2箇所あるエアポートインフォメーションは3-4、7-8番ゲート付近です。

8. レンタルポケットWifi

スワンナプーム空港B階『Smile WIFI』

B階と4階にレンタルポケットWifiの店が数軒営業。
タイ国内用だけではなく、日本国内用の製品も取り扱っています。

9. 無料充電(Free charge)

AOTが提供している無料充電場所が1、2、3、4階の各所に設置されています。
タイの電圧は220Vで日本の100Vよりも高いですが、iiPhoneなどのスマートフォン、デジタルカメラ、ノートパソコンの充電器は、220Vに対応している製品もあり、そういった製品はそのまま充電可能です。

10. スワンナプーム空港内での食事

スワンナプーム国際空港1階のフードコート『Magic Food Point』

レストラン街は3階で、飲食店がもっとも多いフロアーです。少ないながらB階にもカフェなど軽食が食べられる店があり、1階にはフードコートが設けられています。スワンナプーム空港ではここのフードコートが一番安い飲食エリアです。
出国審査を終えた後なら、コンコースFのGates F1-F6で10店舗程度の飲食店が営業しています。

11. 医療センター

『スワンナプームメディカルセンター』は空港内で体調不良などに見舞われたときに利用してください。
1箇所は1階旅客ターミナルを出て右に進んだところ。
もう1箇所は3階レストランの並びにあります。

スワンナプーム国際空港1階のメディカルセンター

1階メディカルセンター
OPEN:8:00-17:00(月-金)

3階メディカルセンター
OPEN:5:00-20:00(月-金)

12. ツーリストポリス

一般的な警察官とは異なり、外国人旅行者のトラブルに対応する警察です。空港内でスリなどの犯罪に遭ったら、1階と2階にあるツーリストポリスへまず相談に行ってください。

13. VAT払い戻し(VAT REFUND FOR TOURISTS INFORMATION)

タイ国内で販売されている商品やサービスには「VAT(付加価値税)」と呼ばれる税金が7%課税されています。
日本でいう消費税と同じ税種で、タイ国内で消費されることを前提として課税しているため、タイ国外で消費する物品を購入した外国人旅行者は、タイ出国時に課税されたVATを返金してもらうことができます。
スワンナプーム空港での還付の申請は、4階のVAT REFUND FOR TOURISTS INFORMATIONで受け付けています。

14. 郵便局

場所は4階出発フロアーのW列の裏側。
24時間営業で郵便物を受け付けています。

15. ラウンジ

スワンナプーム国際空港3階『MIRACLE VIP LOUNGE』

ラウンジ『MIRACLE VIP LOUNGE』はレストラン街の3階と、出国ゲート内(4階)のコンコースGやコンコースDにあります。
24時間受付、20人を収容できる部屋が5部屋あり、2時間で500バーツです。
(コーヒーなどのソフトドリンク、サンドウィッチ、ケーキ込み)

TEL:02-134-6284
E-mail:info@miracleviplounge.com

16. 手荷物一時預かり

スワンナプーム国際空港2階LEFT LUGGAGE(手荷物預かり所)

手荷物の一時預かり場所があるのは2階と4階。
料金は1荷物あたり100バーツで、延長料金は12時間ごとに50バーツです。

17. ショッピング

スワンナプーム国際空港の各階にある『KING POWER』

コンビニはスワンナプーム空港内のほぼ各階にセブンイレブンかファミリーマートが営業。
ほか、お土産店の『KING POWER』が2階、3階、4階、ファーマシーショップの『Boots』が2階と3階にあります。

18. マッサージ

スワンナプーム国際空港3階『EXPRESS SPA』

 
スワンナプーム空港内には『EXPRESS SPA』というマッサージ&スパの店が3店舗あります。
1軒は3階のレストランフロアー。
もう2軒は旅客ターミナル内のコンコースGとコンコースAです。
めにゅーはタイマッサージやオイルマッサージ、フットマッサージ、バック&ショルダーマッサージなどで料金は400バーツ〜。
 
『EXPRESS SPA』
3階:064-301-0903
4階コンコースA:064-301-0902
4階コンコースG:064-301-0901
 

19. リエントリーパーミット(再入国許可証)取得

リエントリーパーミットとは、タイ国内でビザを取得し滞在している外国人が、タイ国外へ出国する際に必要な許可証のことです。
本来、イミグレーションでしか取得できなかったのですが、数年前からスワンナプーム国際空港内でも手続きできるようになりました。
一時期、許可証発行を止めていたこともありましたが、今ではスワンナプーム空港内で取得可能です。
取得には写真(タテ6cm×ヨコ4cm)と費用(シングル1000バーツ、マルチ3800バーツ)が必要なのであらかじめご用意を!
ただし、スワンナプーム空港内でのリエントリーパーミット発行は、事情が急変することもあるので、あらかじめ調べておいたほうが安心でしょう。
場所は出発フロア4階。
チェックイン後に向かうパスポートコントロールの場所にて簡易受付が設けられています。

20. 空港内で手荷物を紛失した場合

出発フロア4階の5-6番ゲート付近Lost Property

「ベルトコンベアーに自分の荷物が出てこない!」といったシチュエーションではなく、チェックイン前や空港到着後に荷物を紛失した場合です。
出発フロア4階の5-6番ゲート付近にLost Propertyカウンターがあるので、スワンナプーム空港内で所持品を紛失したならこちらへ相談にうかがってください。

21. 喫煙所

4階の喫煙所

B階:喫煙所はありません。

1階:旅客ターミナルの外、3-4/7-8番入り口の間にあります。旅客ターミナルを出て左へ進んだところにある庭園のそばもあります。

2階:旅客ターミナルの外、1-2/3-4/4-5/7-8/8-9番ゲート付近。ターミナル内では、コンコースC,D,E,F,Gにあります。

3階:喫煙所はありません。

4階:旅客ターミナルの外、1、5、7、10番ゲート付近にあります。到着フロア内に喫煙室はありません。

[注意]
指定エリア外での喫煙は法律により2000バーツの罰金が課せられます。

22. ラゲージ ラッピング(Luggage Wrapping )

4階出発フロアの2、4、7番ゲート付近にラッピングの機器が設けられています。
利用料は1バッグ150バーツ。

23. 車椅子無料貸し出しサービス

4階出発フロアの6番ゲート付近で無料貸し出しサービス。

24. あまり知られていない展望デッキ

4階出発フロアーが最上階と思われがちですがさらに上階へ上がれることが出来ます。
私は本取材時までこの階のことを知らず、初めて上がってみました。
エスカレーターとエレベーターの両方があり、まずは5階。
このフロアーは各航空会社のオフィスが集まっている階のようで、用事がある方は少ないでしょう。
ここからさらに上へと続くスロープを上がると展望デッキが待っています。
スワンナプーム空港に展望デッキがあったことを知り、期待に胸を膨らませていたのですが、予想を上回るしょぼさ!
フロアは広く、飛行場を見渡せるよう全面ガラス張りにしてはいるのですが、建物が邪魔をしているため見渡せるほどの視界はありません…。

ベンチも設けられています

建物で遮られとにかく視界が狭い!

広いスペースを利用し、地面で寝ている人もいました

4階フロアーを眺めているほうがいいかも

年間5,000万人以上もの利用者を誇る、タイ王国の玄関口スワンナプーム国際空港。
何度も足を運んだことがある方でも、ご存知なかった場所やサービスがあったのではないでしょうか。
本記事が、タイ旅行を充実させる要素の一つになれば幸いです。

この記事のライターもっと見る

西尾康晴(Yasuharu Nishio)の画像

西尾康晴(Yasuharu Nishio)1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。TRIPULLのほか、バンコク発タイ料理グルメ情報サイト「激旨!タイ食堂」を運営。 Twitter:nishioyasuharu

関連記事