載冠式による ワットプラケオ(王宮)一時閉館のお知らせ

載冠式による ワットプラケオ(王宮)一時閉館のお知らせ

2019年のゴールデンウィークは初の10連休になるとあり、タイ旅行を予定している方は少なくないでしょう。
初めてタイへ訪れる方の定番観光場所として人気なのはバンコクの三代寺院。涅槃像が安置されているワットポー、リバーサイドに建立されたワットアルン、そしてワットプラケオ(王宮)です。

エメラルド寺院とも呼ばれるワットプラケオはタイ国内で最高位の寺院で、ガイドブックでも必ず取り上げられるタイ国内屈指の定番観光場所。
そのワットプラケオが、5月6日に催されるラマ10世の載冠式にともない、一時閉館されることが発表されました。
閉館日程は以下となっております。
ワットプラケオを訪れようと予定していた方はお気をつけください。
なお、ワットポーやワットアルンは通常通り開館しています。

◇ワットプラケオ(王宮)の一時閉館日程◇
5月2日〜6日
5月8日
5月17日〜18日

この記事のライターもっと見る

西尾康晴(Yasuharu Nishio)の画像

西尾康晴(Yasuharu Nishio)1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。TRIPULLのほか、バンコク発タイ料理グルメ情報サイト「激旨!タイ食堂」を運営。 Twitter:nishioyasuharu

関連記事