タイ国内マラソン大会 | Electric Run Thailand 2018 エレクトリックランタイランド

タイ国内マラソン大会 | Electric Run Thailand 2018 バンセンの街が音楽と光で彩られます

Electric Run Thailand(エレクトリックランタイランド)って?

2018年2月3日(土曜日)、光と音をランニングと共に楽しむ祭典「Electric Run Thailand 2018」が開催されます。
ネーミングだけを聞いても分かりづらい斬新なマラソン大会ですが、光と音で彩られた約5kmのコースを、光るグッズを身につけた参加者たちが走ったり、歩いたり、踊ったりと、自由に楽しみながらゴールを目指すイベントです。
ガチでジョギングをやっている方にとっては物足らないかもしれませんが、走り始めたばかりの方や、ジョグはやったことないけど盛り上がってみたい方なら、興味深いイベントでしょう。

開催場所はチョンブリー県のバンセン

Electric Run Thailand 2018 (エレクトリックランタイランド)が開催される街は、チョンブリー県のバンセン。
バンセンはバンコクからバスで2時間ほどの海辺にあり、パタヤやホアヒンのように外国人向けに観光地化されておらず、バンコクから近いこともありタイ人には人気の街です。

走っている最中やゴール後はこんなことがあります

ゴール後には祝完走パーティーがあり、DJによる音楽と光の演出で盛り上がります。このマラソン大会はレースではないのでタイム計測はなく、ふだん走らない人でも気軽に参加できるイベントです。

音と光の世界は8つのコースを用意しています

コースは5kmとマラソン未経験者や初心者でも苦にならない距離で、しかもタイム計測もなく、イベントを楽しむ感覚で参加できます。
5kmの間には8つの異なったテーマのエリアを設けているのが特徴。エリア毎にテーマが異なっているので、幻想的で刺激のあるなコースに仕上がっています。

EDM PARTY ZONE

COLOUR BRICK ROAD

ELECTRO RAINFOREST

DISCO PARTY ZONE

NEFFMAU5 LAND

RAINBOW ROAD

TEDDY BEAR LANE

PILLAR LANE

Electric Run Thailand 2018の参加費

本大会への参加費は2コースに分かれています。1つはスタンダードパッケージ、もう1つはVIPパッケージ。
スタンダードは900バーツでVIPは1400バーツです。2つの違いは、主催者側から渡されるグッズに違いがあります。

STANDARD PACKAGE(900THB)

VIP PACKAGE(1,400THB)

光と音の世界に没頭し盛り上がってください

本格的なマラソン大会ではなく、音楽がメインとなるイベントなので20代から30代の参加者が多いでしょう。
もちろんタイ人参加者もたくさんいるので、タイ人と知り合いたい、または盛り上がりたいならこのイベントは最高だと思います!
ちなみに、弊社でバイトをしているタイ人女性(23歳)も「参加したい!」と言ってました(笑)

イベントへのお申し込みについて

Electric Run Thailand 2018のWebサイトからお申し込みできます。ただ、タイ語での表記しかないためタイ語を理解できないとかなり難しいでしょう。
TRIPULLでは代理でのお申し込みを受け付けておりますので、以下からお問い合わせください。

Electric Run Thailand 2018
Website:https://www.electricrun.co.th/

この記事のライターもっと見る

西尾康晴(Yasuharu Nishio)の画像

西尾康晴(Yasuharu Nishio)1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。TRIPULLのほか、バンコク発タイ料理グルメ情報サイト「激旨!タイ食堂」を運営。 Twitter:nishioyasuharu

関連記事