メディアが取り上げない古きレストランのBBQスペアリブ が絶品 |Florida Hotel

創業1968年 メディアが取り上げない古きレストランのBBQスペアリブ が絶品 | Florida Restaurant

バンコクのパヤータイというエリアは、BTS(高架鉄道)とエアポートレールリンク(空港鉄道)の2つの駅があることからホテルも多く、たいへん賑わっている場所でもあります。とはいえ、私はパヤータイへ行く用事といえば年に2、3回ほどで、その上この界隈に知人もいないことから、率先して訪れるエリアではありません。

つい先日、そのパヤータイへ行く用事がありました。少々早めに着いたのでどこかでコーヒーでも飲もうかと見渡していると、BTSパヤータイ駅すぐそばの『Florida Hotel Bangkok』1階にコーヒーショップを発見。周囲の環境とまったく協調していない派手な外観が印象的なホテルです。

妙に派手な外観の『Florida Hotel』

コーヒーショップなのにおすすめ料理はバーベキュースペアリブ!

コーヒーショップ入り口上部に、控えめに掲げられている『Tampa Coffee Shop』。Tampaとはwikipediaによると「フロリダ州中部のメキシコ湾側のタンパ湾の奥部に位置する商工業及び観光、保養都市」とあり、この地名を店名にしたのはホテルが運営しているコーヒーショップということでしょう。
店内は一昔のレストラン、というか若干食堂のような雰囲気もあり、私のような年代のおっさんは落ち着くでしょうが、女性ならこの店で「コーヒータイムを楽しもう」とは到底思わないような素敵な空間です。

何者かの入店を拒んでいるかのような入り口

雑然としていて殺風景

カップルはボックス席へどうぞ

働いているスタッフの9割は中年女性。全員着用しているのは緑色のポロシャツ。これらを見て、このコーヒーショップが只者ではないことに気付くべきでした。コーヒーだけを飲んで帰ろうだなんて滅相もない!
そう思わされたのはメニューに目を通した後でございます。『Tampa Coffee Shop』はコーヒーショップを謳ってはいますが、料理メニューの最上段に掲載しているのは「BBQ spare ribs(バーベキュースペアリブ)」なるヘビー級王者。
こんな超重いものがおすすめ料理として躍り出てくるなら洋食ばかりを揃えているかというとそうでもなく、他のおすすめ料理にタイ料理のゴイシーミーなどを掲載しています。

ラマ5世国王に仕えていた敏腕欧米人シェフ

『Tampa Coffee Shop』へ初めて来店したこの日は「コーヒーを飲んで時間を潰す」ことだけが目的だったので、幾つかの料理メニューが気になったもののコーヒーだけを飲んで店を後にしました。
そして後日。
おすすめ料理の筆頭として掲げる「BBQ spare ribs」を目的として『Tampa Coffee Shop』へ来店したのは朝8時。
朝っぱらからスペアリブを食ってやろうと意気揚々です。
来店前にこのレストランについて調べてみました。創業したのは1968年。半世紀前にオープンした当時、レストランの欧米人シェフはラマ5世国王に仕えハイナン料理をふるまっていたというエピソードがありました。
どう見てもくたびれたレストランにしか見えない『Tampa Coffee Shop』ですが、蓋を開けてみれば深い歴史を持っていたんです。

ケチャップソースがたっぷりとかかったスペアリブ登場

朝食としていただいたBBQ spare ribs

朝8時から来店したのはそれなりに空腹だったからですが、テーブルに供されたBBQ spare ribsのボリュームは想像以上に圧巻。スタッフの女性に注文した際、「持ち帰り?」と聞かれた理由が今になって分かりました。朝から食すもんじゃないと。
2つの巨大スペアリブにはたっぷりとケチャップソースがかけられ、茹でたジャガイモとピクルスが脇を固めています。小皿のサラダ付きで280バーツ。パン2つは別途60バーツで付けました。
巨大なスペアリブはほとんど噛む必要のないほど煮込まれ、口の中でほろほろと崩れる柔らかさ。そこにかかっているのがデミグラスソースとかそんな洒落たもんじゃなく、ケチャップベースのソースであるのがミソでしょう。高級過ぎず、大衆すぎておらずほどよい塩梅。
後日、ゴイシーミーも食してみましたが、こちらも素晴らしい。『Tampa Coffee Shop』は何をオーダーしてもけっこうなレベルの料理が出てくるんじゃないでしょうか。

ほろりと崩れる柔らかさ

中華麺に竹の子やマッシュルームをトッピング。あっさりめのあんかけゴイシーミー

50年もの歴史を持つ『Tampa Coffee Shop』ですが、なぜか検索しても一切ひっかからない。Googleマップにいたっては『Florida Restaurant』と店名を勝手に変えて掲載していました。
というわけで本記事のタイトルはGoogleマップに従い『Florida Restaurant』としただけで、正式名は『Tampa Coffee Shop』。
だと思います。

『Florida Hotel Bangkok』はパッとしないホテルですが、駅を降りて目の前に立地しているだけに、相当数のレビューがあり旅行者にはけっこう使われているようです。

>>Agodaで『Florida Hotel Bangkok』の詳細を見る

>>Booking.comで『Florida Hotel Bangkok』の詳細を見る

【SHOP DATA】
「Tampa Coffee Shop」
TEL:02-247-0991
OPEN:6:45-17:30
ADDRESS:Florida Hotel Restaurant, Florida Hotel, 43 Phaya Thai Rd., Bangkok, Thailand
PRICE:BBQ spare ribs 280B、パン60B、ゴイシーミー140B

この記事のライターもっと見る

西尾康晴(Yasuharu Nishio)の画像

西尾康晴(Yasuharu Nishio)1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。TRIPULLのほか、バンコク発タイ料理グルメ情報サイト「激旨!タイ食堂」を運営。 Twitter:nishioyasuharu

関連記事