クレット島が1ヶ月以上に渡り洪水被害中

クレット島が1ヶ月以上に渡り洪水被害中

観光者だけではなくタイ在住者にも人気の観光スポット、クレット島。
島と名付けられていますがチャオプラヤー川にある中州で、バンコク中心部から北東30kmほどに位置しています。
クレット島について詳しく存じあげない方のためにのちほど詳しくご説明しますが、このクレット島が洪水により1ヶ月ほど前から冠水被害に遭っています。
洪水の原因となったのは、10月に北部で続いた大雨によりチャオプラヤー川が増水したためのようです。

2017年11月5日のクレット島の様子

10月に洪水に見舞われてから1ヶ月ほど経った11月5日、私はクレット島の様子を見に行ってきました。
クレット島へ渡る船乗り場も浸水しており、周辺の店はほとんどが休業。
ボートを待つ人々はいつもより少なめですが、それでも列ができるほど人が並び、中には数名の日本人も見かけました。
クレット島の冠水状況は一時期に比べると水が引き、復旧が進んでいるところもありますが、いまだ冠水したままの店舗や家屋も少なくありません。

店舗内まで浸水し営業再開のメドは立っていません

特にチャオプラヤー川に面した店舗は閉店している店が多く、閑散とした印象

1ヶ月経ってもまだ冠水している道路

島内を歩くにはスリッパやサンダル必須です

家屋の一階部分は完全に浸水しています

 

クレット島観光を考えているなら12月以降がおすすめ

クレット島は陶器などの焼き物で知られている場所だけに、島内各所に陶芸体験ができる店があるので、そのうちの1店舗にお邪魔し様子を伺いました。
入り口へ続く小道がすでに冠水し、建物へ向かうにはスリッパ&短パン必須です。
建物内も冠水したままで、陶芸体験はしばらくお休みしているとのこと。
酷い冠水状況ですが、それでも一時期よりも水は引いているようです。
冠水の水位は潮汐によって変化し、取材日のあたりだと昼ごろは水位が低めだと言います。

こちらの陶器の店は足首程度の冠水状況です

店内の半分ほどが今でも冠水

こちらを営む女性は
「ちゃんと営業できるのはあと2〜3週間後かしら」
とおっしゃっていました。
クレット島は毎年洪水による冠水に見舞われるそうですが、数日で終わることがほとんど。
冠水が1ヶ月も続くのは非常に稀だそうです。
私個人的な印象だと、クレット島の各所が完全に復旧するには少なくとも今月いっぱいかかるのではないだろうかと思います。
以下は、冠水していない通常時のクレット島の写真です。

クレット島への船乗り場です。片道2バーツ

チムチュム鍋が100バーツで販売

クレット島は周囲5kmほど。50バーツほどで自転車を借りることもできるので、自転車で一周する人も

店舗がひしめきあっています

人々もひしめきあっています

クレット島冠水当初の画像

冠水が酷かった時期の写真は以下サイトで掲載されています。
写真を見る限り、クレット島内のほとんどが冠水していたのでしょう。

http://news.sanook.com/4052974/

https://www.thairath.co.th/content/1098192

https://www.thairath.co.th/content/1098049

クレット島とは

タイ語では「コ・クレット(เกาะเกร็ด)」と言い、バンコクではなくノンタブリー県に属している中州です。
下のGoogleマップが示しているように、クレット島はチャオプラヤー川に囲まれているため、水位があがれば洪水被害に遭いやすい立地条件といえます。

先にも触れたように陶器などの焼き物が有名で、陶芸体験ができる店も多く、それを目当てに訪れる在住日本人女性も少なくありません。
島内の市場では陶器のほかタイのお菓子やお土産物、衣料品などが売られ、食堂から洒落たカフェ、さらにはクラフトビールBARまである充実ぶり。
バンコクから車で30分ほどで、バンコクでは感じられない雰囲気を楽しめるクレット島は、私のお気に入りでもあります。
一番好きなのはクラフトビールBARの『Chit Beer』で、チャオプラヤー川をぼんやり眺めながらクラフトビールを飲むこと。
冠水がおさまるであろう12月以降に行ってみることをおすすめします。

15時以降は空席を探すのが大変なほど賑わいます

「Chit Beer」
TEL:089-799-1123(チットさん)
OPEN:16:00-21:00(平日)12:00-21:00(土日祝日)
PRICE:ドラフトビール100B〜

この記事のライターもっと見る

西尾康晴(Yasuharu Nishio)の画像

西尾康晴(Yasuharu Nishio)1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。TRIPULLのほか、バンコク発タイ料理グルメ情報サイト「激旨!タイ食堂」を運営。 Twitter:nishioyasuharu

関連記事