メークロン線の時刻表【2022年8月更新】

【2022年8月更新】メークロン線の時刻表

通称「傘たたみ市場」のメークロン市場。
タイ人の間では「タラートロムフップ(ตลาดร่มหุบ)」と呼ばれていて、線路脇に露店がひしめく市場です。
列車が通るたびにテントを片付けることから「傘たたみ市場」と呼ばれるようになり、観光客で賑わう一大観光地となっています。

ここへ訪れるにはパッケージツアーやチャータータクシーといった手段が多いですが、列車で行くことも可能です。
バンコクからだとタイ国鉄ウォンウェンヤイ駅からマハーチャイ線に乗車し、終点のマハーチャイ駅まで向かいます。
ここで降りてからは徒歩で桟橋まで行き、ターチン川を渡る船に乗って対岸のターチャローム桟橋へ。
そしてここからさらに歩いてバーンレム駅へ向かい、メークロン線に乗車。
終着駅がメークロン駅となります。

メークロン線の時刻表①|バーンレム駅からメークロン駅

コロナ禍の真っ最中はメークロン線の列車運行は休止になりました。
2022年に入ってから運行が始まりましたが、観光客が少ないこともあり当初は1日2本程度。
最近になりようやく時刻表が変更になり本数が増えたようです。
2022年8月に確認した、バーンレム駅からメークロン駅へ向かう列車のダイヤです。

4381号
時間: 7.30-8.30

4383号
時間: 10.10-11.10

4385号
時間: 13.30-14.30

4387号
時間: 16.40-17.40

メークロン線の時刻表②|メークロン駅からバーンレム駅

以下のダイヤはメークロン駅からバーンレム駅へ向かう時刻表です。

4380号
時間: 6.20-7.19

4382号
時間: 9.00-10.00

4384号
時間: 11.30-12.30

4386号
時間: 15.30-16.30

メークロン線のダイヤを知ってメークロン市場を楽しむ

メークロン市場へ向かう手段は列車の他にロットゥーと呼ばれる乗合バンもあります。
バンを使うなら時刻表は関係ないと思われるかもしれませんが、メークロン市場を通過する列車のダイヤが分かっていなければ、現地で無駄な時間を過ごすことになります。
今後もTRIPULLのブログでは定期的にメークロン線のダイヤを更新していきますので、メークロン市場へ向かう方はぜひチェックしておいてください。
記事を更新しますと、TwitterやFacebookなどで告知しています。

Twitter:https://twitter.com/Tripullthailand
Facebook:https://www.facebook.com/Tripull/

この記事のライターもっと見る

西尾康晴(Yasuharu Nishio)の画像

西尾康晴(Yasuharu Nishio)2011年タイ移住/バンコク発月刊誌の編集長歴任/2017年4月タイ国内旅行会社TRIPULLを起業/バンコク発タイ料理グルメ情報サイト「激旨!タイ食堂」運営/2019年12月1日よりYouTubeチャンネルを開設/ YouTubeチャンネル Nishio Travel

関連記事